大阪教会は、2000年のキリスト教会の歴史を大切にしています。できるだけ多くの方々に本当の結婚式を挙げて頂きたいと願っています。

 

いるかどうかも分からない、正体の知れない存在の前で誓っても、それは何の意味も保証も無い、ただの人間の言葉に過ぎません。「本当の神さまの前で」、心からの約束を交わして結婚するためにぜひ本当の神さまについて知って下さい。二人の誓いの言葉を聞いて、二人を祝福して下さる「神さま」を知って、できれば神さまを信じて、新しい生活を始めて下さい。

 

そこで、日曜日の礼拝にお二人揃ってご出席下さるようお奨めします。

 

聖日(日曜)礼拝は、毎週日曜日 午前10時30分~11時50分。 (第1日曜日、~12時)

 

結婚式だけでなく、こどもの「幼児祝福式」や「七五三・12歳児祝福式」、お葬式まで、生涯にわたる教会との関係を、お二人の生活の基盤に据えて歩む「決心」をして下さるようにお奨めしています。あるいは、「そういう方向を目指して二人で歩き始めたい」という気持を抱くようになって、そのお気持をはっきりと表明して頂きたいと思います。牧師は、お二人がそういう決心に至るようお手伝いします。

 

決心ができた所で、お二人の決意を「教会役員会」で確認させて頂き、結婚式執行を承認させて頂きます。従って、結婚式の日程等を「正式に」決定するのは、役員会以降になります。

 

何回礼拝に出たら良いのか、何ヶ月前なら良いのか、とよく尋ねられます。決まりは一切ありません。二人が新しい生活の土台を何にするか、よく話し合って「結論に達した時」がその時です。(結婚予定の1年以上前から教会に来られたカップル、初めておいでになってから半年後くらいに決心して、役員会の「試問」を受けて結婚式を挙げられたカップルがおられます。大切なことは、お二人の決心です。)

 

どこで、どういう形で結婚式を挙げられるにしても、「お二人で」そのことについてよく話し合うということが、これからの新生活の為に最も重要な準備作業になります。神さまが、お二人の準備を助け導いて下さるよう、お二人の為にお祈りします。

 

というわけで、最初から結婚式・披露宴等の日程を決めた上でのご相談やお問い合わせにはお応えすることができませんので、ご容赦下さい。

 

また、大阪教会では、結婚式の中で「婚姻届けへの署名」を行い、同日中に役所に提出することと、夫婦としての同居生活も結婚式当日から始めること、を、当然のことと考え、大切にしています。従って、結婚式以前に入籍を済ませたり、既に同居を始める、という形は、私たちの大阪教会が考える「本来のあるべき結婚の姿」とは異なります。この点も、お二人の結婚準備にとって重要な点ですので、大阪教会が大切にしている点として受け止めて頂きたいと思います。

 

お仕事の関係等で日曜日の礼拝出席が難しい方は、【礼拝案内】のページにものっている木曜日正午の「パイプオルガンによる正午礼拝」(毎週木曜日 12:15~12:45)においで下さっても結構ですが、最も大事な日曜日の礼拝がすべての基本になります。

 

何はともあれ、ぜひ一度、日曜日の礼拝においで下さい。お待ちしています。

ご不明の点等がございましたら、どうぞご遠慮なくお尋ね下さい。

 

 

大阪教会牧師 岡村恒

 

|

|

|

|

|

About Us

Service

Programs

Architecture

Access

Link

〜  結婚式をご希望の方へ  〜

《アドバイスとお願い》

【よくある質問】に戻る

日本基督教団 大阪教会

大阪府大阪市西区江戸堀 1-23-17

Tel 06-6441-3070

受付 11:00〜16:00(火〜土)

宗教法人 日本基督教団 大阪教会

 

〒550-0002 大阪府大阪市西区江戸堀1-23-17

TEL:06-6441-3070   (火〜土 1116時)

FAX:06-6441-2840

Copyright 2016 OSAKA CHURCH 日本基督教団 大阪教会 All Rights Reserved.